東日本大震災―内山哲之先生

石巻赤十字病院 震災時のロビー
石巻赤十字病院 震災時のロビー

2011年3月11日午後2時半ごろ、私は田村クリニックの分院の南大沢メデカルプラザというところで外来にでていました。

田村クリニックに務め始めて、4か月目だったので、受け持ち患者は少なく、診察室でうとうとしていましたら、石巻市立病院のドクターから電話がかかってきました。

 

私の実家の叔父が胃がんになり、石巻市立病院でその年の1月に手術を受けておりました。

叔父の胃がんは胃の上部で食道にも少しかかっていたので、転移していることを心配していたのですが、石巻市立病院の先生から化学療法を勧められ、叔父が甥の私と相談してくださいと言ったので電話したということでした。

 

初めは若い担当のドクターでしたが、すぐに責任者の内山先生に変わりました。

電話の向こうで、叔父の状態、腫瘍マーカー等の話をしていたと思いますが、その時、向こう側のほうで、地震が起きているという話があり、それでもいろいろと話し続けていたのですが…

約1分ぐらいでしょうか、こちらのほうも揺れだしました。

それでも電話で話をしていたのですが、向こう側で、いろいろ倒れてきて、もう電話できないと言うので会話が終わりました。

 

その後激しく揺れだし、私は近くにあったエコーの機械が動かないように持っているのがやっとでした。

クリニック内の書棚が倒れて、カルテなど書類が散乱しました。

揺れが終わってから、外を見ると待っている患者は整然として座っていました。

隣の薬局の天井が落ちて、薬を出せないと言ってきました。

コンピューターが止まって、カルテもわからなくなったので、診療はそこで打ち切られました。

 

震災直後は石巻の実家に電話は通じました。

親父の携帯に電話すると、おふくろを石巻市内の仙石病院に送って、おふくろが透析している間にホームセンターに行ってたら地震になったとの事で、ホームセンター内は棚など全部倒れたと言っていました。

 

それから親父はいったん内陸にある家に戻ったそうです。

その後しばらくすると、固定電話には電話できなくなってしまいましたが、親父の携帯はつながりました。

親父はおふくろのところに戻ろうとしたのですが、途中で津波のために行けなくなったと言っていました。

 

今考えると、その時病院に迎えに行ったいたら、津波に呑まれたと思います。

おふくろは数日その透析病院の上の階に避難して、あとで救出してもらいました。

 

その日、東京では交通機関が止まりました。

次の日は電車など動いたのですが、原発が停止して、電力が不足するからとのことで、電車がかなり間引いた運行になり、駅には見たこともない長蛇の列ができました。

 

震災の2日後、クリニックに行くと田村クリニックの理事長である田村先生が来られ、震災の援助にスタッフを連れていきたいと言われました。

田村先生と自分と数人のスタッフなら、自分の実家が結構大きいので泊まれると思い、実家を使ってくれるようお話ししました。

実際は多摩中心の医師と看護婦、薬剤師、事務で東京JMATが構成され、総勢14人ぐらいになりました。

この人数で家に泊まれるかどうかわたりませんでしたが、とにかく行くことになりました。

ガソリンが手に入らないので、携帯ガソリンタンクを買い集めガソリンを買い集めました。

私の車を含め、薬局から薬を積んだ車など、4台の車で、3月15日に宮城県へ向かいました。

 

実家に着いた時は、電気も水も止まっていました。

14人の隊員が部屋と廊下に布団を敷いて眠り、水は近くの湧水を汲みに行きました。

私たちは東松島地区が担当になり、14人を2つの班に分け、それぞれ医師、薬剤師、事務のチームで被災者が避難されている学校や、施設を回りました。

学校の校庭には車や船が泥に埋まった状態でした。

道は泥と材木で埋まっていました。

 

避難場所の学校の1階は泥に埋まって、その2階3階に避難された人は、埃のために咳込む人が多く、咳止めが多く処方されました。

話を聞くと、それぞれに、いろいろな大変だった話を聞きました。

 

一人の高齢の女性は小学校にいて、津波が押し寄せ、高いところにある体育館に行くところ小さい小学生が流されそうになり、手を引っ張って助けたと言っていました。

体育館に行ったものの、体育館にも水が入ってきて、中二階の狭いところで、ギュウギュウ詰めで立ったまま、救助が来るまで2日間いたそうです。

体は濡れたままで、みんな体を押し寄せ暖をとったとのことです。

 

60代の男性は自宅の2階に1日避難していて、食料がなくなり、避難所まで歩いてきました。

裸足だったので、足にはガラス破片が刺さって化膿していました。

1型糖尿病でインスリンが必要なので、私たちは石巻赤十字病院に搬送しました。

 

石巻赤十字病院は当時、石巻で機能していた唯一の拠点病院でした。

日本各地からのたくさんのボランティアの医師たちがきて、廊下や外のテントで寝泊まりしていました。

建物には耐震構造があり、建物の被害はありませんでした。

私どももそこの早朝のミーティングに参加し、宮城県各地の現状を知ることができました。

ミーティングに参加した折に、偶然に私は石巻市立病院の内山先生とお会いしました。

大柄な小太りの男性で、自ら被災されましたが、当時は医師ボランティアに参加されていました。

私は、十年来の親友に会うような心境でした。

電話のあと、手術入りしてたのですが、津波が来て、術中に患者を上の階の移動させたことなどお話しされました。

 

あとでテレビ番組で見ましたが、内山先生の石巻市市立病院が孤立して、救助が来ないので、自ら瓦礫をかき分けて救助を求めに行ったようです。

 

津波が落ち着いてから、石巻市立病院は震災後機能しなくなったので、内山先生は、石巻赤十字病院で勤務されました。

私の叔父も胃がんが転移し、容態が悪くなり、そこに入院しました。

内山先生は毎日何回も診察に来られ、来られる度に、

「震災のために面倒を見れなかった。ごめんね…」

と謝っていたそうです。

 

叔父は震災の次の年の1月亡くなりました。

内山先生は、後を追うようにと言ったら変な言い方ですが、間もなく亡くなられたという知らせがありました。

母が言うには、自分の病院がなくなり、臨時診療所や日赤などで、仕事を続けかなりの心労が積もってしまったからだと言っていました。

内山先生のことについては、今でもネット上に出ていますのでリンクをご参照ください。

ご冥福お祈りします。

 

下に活動時の写真入れます。集合写真は多摩のJMATです。

 

 

http://blog.goo.ne.jp/tsukutaku8384/e/a5f2965c5c8a713ebf72d7fa30a72e1d

 

http://www.npo-cens.org/outline/seminar201409.html

 

http://tokachi.hokkaido-np.co.jp/kotoba_file/20120309.html

 

http://mainichi.jp/graph/2015/03/11/20150311ddm001040162000c/001.html

 

http://book.asahi.com/photo/index.html?photo=2013022600003_1

 

 

 

 

 

 
午前
午後
※祝日は休診です
 
火・水・木・金 8:30~12:45 15:00~18:45
 日 9:30~14:45

内視鏡検査は平日18時まで、日曜14:30まで

日曜日 または、祭日に葛飾区の休日当番になることがあります。

休日当番時は9:00から11:30・13:00から16:30です。

内視鏡検査・予防接種・健康診断はお電話にてご予約ください。

電話番号:03-5876-9416


葛飾区ドクターズインタビュー
ドクターズ・ファイル 当院のドクターが紹介されました
24時間ネット受付可能