◆急性上気道炎◆


 

急性上気道炎
鼻やのどのウイルス感染から始まり、ひどくなると細菌の2次感染を起こすこともあります。ウイルスはライノウイルス アデノウイルス エンテロウイル ヘルペスウイルスなどで、インフルエンザウイルスもその中に入ります。ウイルスにより症状が違います。インフルエンザ以外は抗ウイルス薬がなく対処療法になります。2次感染予防のため抗生剤が処方されることもあります。お薬は症状を取るためのものですので、漢方など効果が良い場合が多いです。

 

インフルエンザ
本年は流行が遅れていますが、1月後半から流行が懸念されます。予防接種もいくらか効果があるようですが、日常でのうがい、マスクの着用が効果的です。インフルエンザの診断は発熱から数時間経過しないと陽性が出ませんが、治療のほうは早期にするほどに有熱期間が短くなり、症状の軽減、肺炎などの合併症の予防に効果的です。本院ではラピアクタとう抗インフルエンザ点滴剤を在庫しております。吸入剤や内服薬(タミフル)がありますが、点滴剤が一番効果があるようです。

本院では 発熱から早期でもインフルエンザを検出可能なフジフイルムの 

DRI-CHEM IMMUNO AG1導入しています。

 

咽頭炎
咽頭の細菌感染なので抗生剤の投与と漢方薬による症状の緩和をします。症状が重い人は血液検査で炎症反応を見ます。重症の患者は抗生剤の点滴をします。クリニックでの対応が難しいときは有床病院の耳鼻咽喉科に紹介します。

 

 


 
午前
午後
※祝日は休診です
 
火・水・木・金 8:30~12:45 15:00~18:45
 日 9:30~14:45

内視鏡検査は平日18時まで、日曜14:30まで

日曜日 または、祭日に葛飾区の休日当番になることがあります。

休日当番時は9:00から11:30・13:00から16:30です。

内視鏡検査・予防接種・健康診断はお電話にてご予約ください。

電話番号:03-5876-9416


葛飾区ドクターズインタビュー
ドクターズ・ファイル 当院のドクターが紹介されました
24時間ネット受付可能