ピロリ菌除菌をされた患者様へ


 

除菌治療後1か月以上間隔をあけ尿素呼気試験を受け陰性となった場合除菌成功と判定されます。       
除菌後の注意点に気をつけ、自己管理を心掛けて下さい。       
       
除菌後の注意点       
       
① 除菌が成功し、ピロリ菌がいなくなっても胃癌が発生する事があります。
除菌により胃癌になるリスクは菌を持っているままよりは少なくなりますが、全くいなくなるわけではありません。
胃癌になるリスクは、胃の粘膜の萎縮によってわかりますが、胃カメラ検査で評価してもらう必要があります。
そして、リスクの重さにより胃カメラ検査の間隔を決める必要があります。
 
日本の日常生活においては、ピロリ菌が再感染することはほとんどありません。"      
       
② 除菌後、胃の酸分泌が正常になり、以前より胃の酸が増加します。人によっては逆流性食道炎の症状(胸やけ等)が出る場合があります。ガスター等の胃酸を抑える薬を服用すると改善されます。一過性の場合がほとんどです。      
       
③ 除菌後、体重増加、コレステロール値、血糖値の微増があります。血糖、脂質の値が高めの人は、食生活を一層注意する必要があります。      
       
 気になることがありましたら、ヴィナシス金町内科クリニックまでご連絡下さい。      


ダウンロード
ピロリ菌除菌治療をされた患者様へ
上記に記載してある注意点のダウンロードファイルです。
A4サイズで印刷してお使い下さい。
除菌後の注意点.xlsx
Microsoft Excel 11.0 KB
 
午前
午後
※祝日は休診です
 
火・水・木・金 8:30~12:45 15:00~18:45
 日 9:30~14:45

内視鏡検査は平日18時まで、日曜14:30まで

日曜日 または、祭日に葛飾区の休日当番になることがあります。

休日当番時は9:00から11:30・13:00から16:30です。

内視鏡検査・予防接種・健康診断はお電話にてご予約ください。

電話番号:03-5876-9416


葛飾区ドクターズインタビュー
ドクターズ・ファイル 当院のドクターが紹介されました
24時間ネット受付可能